Blog

20200215_2377452

Z1000Rリヤショックのフルメンテナンスが完了いたしました。

ワークスパフォーマンス製ツインリヤショックです。

1981年、KZ1000RでカワサキはAMAスーパースポーツクラスでチャンピオンを獲得。ライダーは後のワールドチャンピオン、エディ・ローソンです。その記念として発売されたレプリカモデルがZ1000Rです。ライムグリーンの「ローソン・レプリカ」はカワサキZシリーズの象徴的存在です。チャンピオン獲得の際に装着されたいたリヤショックがワークスパフォーマンス製だったことから、現在でも多くのZユーザーの方がワークスパフォーマンスリヤショックを愛用されています。スクーデリアオクムラに持ち込まれることも多く、フルメンテナンスは基より、スプリングやショックボディの再塗装、ダンパーロッドの再メッキ加工など、レストア的なご依頼もいただいております。今回はおふたりのお客さまよりそれぞれZ1000R用ワークスパフォーマンスリヤショックのフルメンテナンスをご依頼いただきました。ワークスパフォーマンスリヤショックはリザーバタンク内部の樹脂製ブラダが破損しているケースがほとんどで、スクーデリアオクムラでは耐久性に優れた日本製のパーツに交換しています。外観からの見た目は全く変わりません。

 

 

 

こちらのお客さまからはフルメンテナンスに加えて、ショックボディ(ゴールド部分)とスプリング(水色&白色)をパウダーコーティングによって再塗装して組み上げました。

 

ダンパーロッドが錆でNGレベルでしたので、クロームメッキの再メッキ加工を施して再生しています。

#スクーデリアオクムラ #サスペンション #フルメンテナンス #サスペンションチューニング #サスペンションメンテナンス #サスペンションオーバーホール #KYB #SHOWA #BPF#フロントフォーク #リヤショック #MEチューニング #奥村 裕 #PENSKE RACING SHOCKS #ペンスキーレーシングショック #OHLINS #WP #HYPERPRO #HYPERCOILS #SCUDERIA OKUMURA #BPF #チタンコーティング #カシマコート #コントロールバルブ #Kawasaki #Z1000R #KZ1000R

関連記事

  1. 20171202_2030714
  2. 20130827_559988
  3. 20160209_1598214
  4. 20181124_2200556
  5. 20140812_1041658
  6. 20140701_992746

最近の記事

  1. recruitment
  2. 20211225_2573700
  3. 20211126_2567255

アーカイブ

PAGE TOP